• 動画をご覧になるには
  • よくある質問
  • English
TOPへ戻る

「まち×地方創生」~危機意識が地域を変える~

公開日

2016年3月14日
満足度:

人口減少がもたらす「まちづくり」の課題… その状況を打開する戦略「コンパクトシティ」と「小さな拠点」とは!?「お団子と串」をキーワードにしたまちづくり―人々が郊外に分散して住むようになったまち、富山県富山市。 ここで今、「コンパクトシティ」の取組が進められています。 ポイントは「公共交通を軸とした拠点集中型のまちづくり」、名付けて「お団子と串の都市構造」! その取組をわかりやすく解説。集落が消える危機! そこで編み出す、知恵と工夫―2050年には、人口が半分以上減ってしまう地域が過半数と予測され、住民の半分以上が65歳以上の「限界集落」も存在する中、コミュニティ存続の切り札となる取組「小さな拠点」づくりが広がっています。中心となる集落に必要な機能を集めて生活サービスを提供。地域全体の暮らしを支える取組について事例を交えてご紹介。
放送局:テレビ東京(関東ローカル)放送日:3月12日(土)

この番組のURL

アンケート

この番組へのご意見