• 動画をご覧になるには
  • よくある質問
  • English
  • スマートフォンサイトを表示
TOPへ戻る

東日本大震災|復興番組 番組一覧

(復興庁)「未来をつくりだすTV  POWER of TOHOKU」

公開日:平成30年(2018年)5月1日

震災から6年。今、東北は「復興」というだけでなく、新たな魅力が次々と生まれる「創成」が進んでいます。あのサンドウィッチマンが最新の東北の話題を伝えます!

(復興庁)「未来をつくりだす!POWER of TOHOKU」

公開日:平成29年(2017年)11月8日

番組前半は東日本大震災後に東北で挑戦を続ける事業に密着、地元で活躍する人々を紹介します。後半は、未来を担う子どもたち自身が、地元の魅力を15秒CMにして発表する授業「みんなで未来をつくろう教室」の様子を放送!ナビゲーターはサンドウィッチマン。未来をつくりだす子どもたちのパワーあふれる姿に注目です!

(復興庁)「未来をつくりだすTV  POWER of TOHOKU」

公開日:平成29年(2017年)11月8日

震災から6年。今、東北は「復興」というだけでなく、新たな魅力が次々と生まれる「創成」が進んでいます。あのサンドウイッチマンが最新の東北の話題を伝えます!

見どころたくさん 福島に来てくなんしょ!

公開日:平成29年(2017年)1月26日

全国で面積が3番目に大きい福島県は、浜通り、中通り、会津地方と大きく3つの地域に分かれ、中でも磐梯山の麓に広がる会津地方は、歴史的情緒あふれる風景が残る福島の代表的な観光地です。しかし、東日本大震災から5年以上過ぎた今でも、風評被害の影響により福島県に訪れる観光客数は、震災前の水準に戻っていないのが現状です。今回は、奥会津を走るローカル鉄道「只見線ツアー」の密着取材を始め、福島県会津地方の魅力あふれる見どころなどについてご紹介します。

震災から5年 新しい東北の創造へ

公開日:平成28年(2016年)6月1日

東日本大震災から5年。被災地の方々の努力、国内のみならず世界中からの多大なる支援により、復興は着実に進んでいます。また、国、地方公共団体も被災地の方々と力を合わせ、「自助、共助、公助」の精神で、復興を進めてきました。しかしながら、復興が進むにつれ、新たな課題も見えてきます。今回は、復興の現状やこれからの5年、さらに政府が目指す「東北の未来」について、ご紹介します。

がんばっぺ東北魂! 東北スマイル100人分集めましたスペシャル

公開日:平成26年(2014年)10月24日

東北でたくさんの方々の笑顔を写真に収めました。東日本大震災から3年。東北の元気な姿をお届けします。
(BSフジ 平成26年9月28日(日)放送)

あなたの想う自治体を応援する  ふるさと納税

公開日:平成26年(2014年)3月10日

「ふるさと納税」制度は、自分が応援したい自治体に「寄附」をする制度です。
ふるさと納税は、原則として寄附をした額のほぼ全額が所得税と住民税から軽減されるため、結果として、寄附をした「ふるさと」の自治体に税金を納めたことと同じような効果が生まれます。今回は、「ふるさと納税」の活用事例や納税の手続きについてご紹介します。

福島に生きる:除染と復興の物語

公開日:平成25年(2013年)10月31日

2011年3月に起きた福島第一原子力発電所の事故の後、日本政府と福島県の各自治体は拡散された放射性物質の除去のために大規模な除染を実施し始めました。除染が暮らしの中でどのように行われ、福島の復興にどのような願いが込められているのか、母親、農家、コミュニティ・リーダー、避難者、それぞれの視点から語られます。

なすびのギモン(第1回) 「仮置場って大丈夫?」

公開日:平成25年(2013年)10月31日

日ごろの暮らしの中で、福島県の皆様が感じている疑問を解消するために、福島県出身のタレントなすびさんが現場を訪れて、レポートする番組です。第1回は、伊達市の仮置場を訪問し、実験を通じて仮置場の安全性を伝えます。

なすびのギモン(第2回) 「除染が進む伊達市の取り組み」

公開日:平成25年(2013年)10月31日

日ごろの暮らしの中で、福島県の皆様が感じている疑問を解消するために、福島県出身のタレントなすびさんが現場を訪れて、レポートする番組です。第2回は、伊達市の除染の進捗状況とともに、仮置場設置において地域を牽引した地元の方の思いを伝えます。

なすびのギモン(第3回) 「除染でどうなるの?」

公開日:平成25年(2013年)10月31日

日ごろの暮らしの中で、福島県の皆様が感じている疑問を解消するために、福島県出身のタレントなすびさんが現場を訪れて、レポートする番組です。第3回は、除染情報プラザを訪問し、除染の必要性などを伝えます。

なすびのギモン(第4回) 「除染で出た水は大丈夫?」

公開日:平成25年(2013年)10月31日

日ごろの暮らしの中で、福島県の皆様が感じている疑問を解消するために、福島県出身のタレントなすびさんが現場を訪れて、レポートする番組です。第4回は、除染情報プラザを訪問し、放射性セシウムの特性とともに、除染で出る排水について伝えます。


なすびのギモン(第5回) 「道路などの除染で出た排水の処理」

公開日:平成25年(2013年)10月31日

日ごろの暮らしの中で、福島県の皆様が感じている疑問を解消するために、福島県出身のタレントなすびさんが現場を訪れて、レポートする番組です。第5回は、川内村の除染現場を訪問し、除染で出た排水の処理について伝えます。

なすびのギモン(第6回) 「再生・復興を支える人たち」

公開日:平成25年(2013年)10月31日

日ごろの暮らしの中で、福島県の皆様が感じている疑問を解消するために、福島県出身のタレントなすびさんが現場を訪れて、レポートする番組です。第6回は、川内村の除染現場を訪問し、除染作業員の方の思いを伝えます。

なすびのギモン(第7回) 「住宅除染で土をどれくらい取り除くの?」

公開日:平成25年(2013年)10月31日

日ごろの暮らしの中で、福島県の皆様が感じている疑問を解消するために、福島県出身のタレントなすびさんが現場を訪れて、レポートする番組です。第7回は、実験を通じて、除染により表土をどれ位取り除けば良いのか伝えます。

なすびのギモン(第8回) 「除染後のくらし」

公開日:平成25年(2013年)10月31日

日ごろの暮らしの中で、福島県の皆様が感じている疑問を解消するために、福島県出身のタレントなすびさんが現場を訪れて、レポートする番組です。第8回は、川内村を訪問し、避難先から川内村に戻って暮らしている方の様子を伝えます。

なすびのギモン(第9回) 「放射線とつきあっていくために」

公開日:平成25年(2013年)10月31日

日ごろの暮らしの中で、福島県の皆様が感じている疑問を解消するために、福島県出身のタレントなすびさんが現場を訪れて、レポートする番組です。第9回は、除染情報プラザを訪問し、暮らしの中での放射線との付き合い方を伝えます。

なすびのギモン(第10回) 「1年で受ける放射線量はどれくらい?」

公開日:平成25年(2013年)10月31日

日ごろの暮らしの中で、福島県の皆様が感じている疑問を解消するために、福島県出身のタレントなすびさんが現場を訪れて、レポートする番組です。第10回は、伊達市を訪問し、伊達市でのガラスバッジの実測結果をもとに、1年間で受ける放射線量の一例を紹介します。

福島第一原子力発電所の事故から2年 食品中の放射性物質は今どうなっているの?

公開日:平成25年(2013年)7月25日

東京電力福島第一原子力発電所の事故後、生産現場をはじめとする関係者の様々な対策等によって、放射性物質は低減されています。しかし、産地側では、風評被害が収まったとは、まだまだ言えない状況です。 消費者が正確な情報に接し、食品中の放射性物質についての理解を深めていただくため、今回は、放射性物質の低減対策や米の検査の取組等について、詳しくご紹介します。

誇れるまちづくりを目指して~震災から2年 女川町の場合

公開日:平成25年(2013年)3月8日

国と地域が協力して進めている、復興まちづくり。ここでは宮城県女川町を取り上げ、がれき処理・漁港の復旧・住宅移転・子ども達の活動など、復興の「今」を、町長や町民の方々、子どもたちの想いとともにお伝えします。