• 動画をご覧になるには
  • よくある質問
  • English
  • スマートフォンサイトを表示
TOPへ戻る

拉致 番組一覧

拉致被害者御家族ビデオメッセージ~必ず取り戻す!愛する家族へ~

公開日:平成31年(2019年)1月18日

1970年代から1980年代にかけて多くの日本人が北朝鮮に拉致されました。2002年、北朝鮮は日本人の拉致を初めて認めて謝罪しましたが、帰国が実現したのは5名のみで、被害者全員の帰国は実現していません。現在も、御家族は肉親との再会を待ち続けつらい日々を過ごされており、その切なる思いを訴えています。(2019年1月 一部改訂)

北朝鮮向け短波ラジオ放送「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録(平成29年8月19日)

公開日:平成30年(2018年)3月15日

平成29年8月19日(土)、大阪市の大阪ビジネスパーク円形ホールにて開催しました拉致対策本部事務局と特定失踪者問題調査会共催による共同公開収録のダイジェスト版動画です。

北朝鮮向け短波ラジオ放送「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録(平成28年7月15日)

公開日:平成28年(2016年)9月7日

平成28年7月15日(金)、札幌市の北海道安達学園大通ホールにて開催しました拉致問題対策本部事務局と特定失踪者問題調査会共催による共同公開収録のダイジェスト版動画です。

北朝鮮向け短波ラジオ放送「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録(平成28年3月18日)

公開日:平成28年(2016年)9月7日

平成28年3月18日(金)、福岡市の西鉄ホールにて開催しました拉致問題対策本部事務局と特定失踪者問題調査会共催による共同公開収録のダイジェスト版動画です。

拉致問題啓発CM【60秒CM】

公開日:平成26年(2014年)11月20日

北朝鮮による日本人拉致問題は、我が国の主権及び国民の生命と安全に関わる重大な問題であり、この問題の解決を図るにあたっては、国民的な関心や世論を盛り上げることが不可欠です。政府では、拉致問題における国民の関心が高まりつつある中、より一層の世論を盛り上げるため、平成26年の「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」(毎年12月10日~16日)にあわせて拉致問題啓発CMを制作しました。

必ず取り戻す! 「北朝鮮による日本人拉致問題」の解決へ

公開日:平成26年(2014年)11月11日

2014年5月に行われた日朝政府間協議の結果、北朝鮮は、拉致被害者および拉致の可能性を排除できない行方不明の方々を含む全ての日本人に関する、全面的な調査の実施を約束しました。北朝鮮は、この調査を迅速に行い、速やかにかつ正直に、結果を日本に通報することが求められます。今回は、すべての拉致被害者の一刻も早い帰国を実現させるためにも、あらためて、国民一人ひとりに拉致問題への関心を持ち続けていただくために、拉致問題の現状について、紹介します。

拉致問題【CM】

公開日:平成26年(2014年)11月11日

突然、人生を、家族を、奪われた人たちがいます。それがもし、自分だったら、自分の家族だったら・・・。北朝鮮による日本人拉致問題を一緒に考えてみましょう。

ふるさとの風コンサート~「北朝鮮拉致被害者」救出を誓う音楽の集い~(ダイジェスト版)

公開日:平成26年(2014年)1月23日

平成25年12月16日に都内で開催された「ふるさとの風コンサート~『北朝鮮拉致被害者』救出を誓う音楽の集い~」(主催:政府 拉致問題対策本部、法務省)の模様のダイジェスト版です。

すべての拉致被害者の帰国をめざして~帰国から10年 拉致被害者家族の声

公開日:平成24年(2012年)11月1日

2002年10月、北朝鮮による日本人拉致被害者5名の方が帰国しました。しかし、日本政府が拉致被害者と認定している残り12名の方については、今なお自由を奪われた状態のまま、現在も救出を待っています。帰国から10年、あらためて、国民一人ひとりに拉致問題への関心を持ち続けていただくために、今回は、拉致被害者ご家族の方々の声をご紹介します。

拉致問題~囚われた少女たち

公開日:平成20年(2008年)6月7日

拉致被害者たちは、30年たった今も、救出を待ち続けています。拉致被害者を取り戻すため、あなたの声を、力を、貸してください。

アニメ「めぐみ」

公開日:平成20年(2008年)3月28日

このアニメ「めぐみ」は、昭和52年、当時中学1年生で北朝鮮により拉致された横田めぐみさんの家族の苦悩や、懸命な救出活動の模様を描いたものです。

拉致問題−引き裂かれた家族−

公開日:平成19年(2007年)3月15日