• 動画をご覧になるには
  • よくある質問
  • English
  • スマートフォンサイトを表示
TOPへ戻る

健康・食・医療|食 番組一覧

霞が関からお知らせします~おいしい+地域振興=ジビエ~その理由は…?

日付 2019/01/28

皆さん、『ジビエ』ってご存じですか?ジビエとはフランス語でシカやイノシシなど野生鳥獣の食肉のことです。栄養豊富でヘルシーなジビエは、新しい食材として私たちの食生活を豊かにしてくれます。また、その消費拡大は農作物の鳥獣被害に悩む地域の助けになることから、農林水産省ではジビエの流通を増やすための取組を進めています。各地の飲食店が参加する『全国ジビエフェア』や、安全なジビエの流通に向けた処理施設の認証制度などについて、様々なジビエ料理の映像を交ながら、農林水産省農村振興局農村政策部長を務める高橋 孝雄さんに聞きます。聞き手はフリーアナウンサーの関谷 亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成31年1月27日放送)

霞が関からお知らせします~冬は特にご注意を!~ノロウイルスによる食中毒~

日付 2018/12/03

冬に多く発生するノロウイルスによる食中毒。ノロウイルスには1件の食中毒事故で患者が多数発生しやすいという特徴があり、食中毒の年間患者数のうちノロウイルスによるものは58%を占めています。寒くなるこれからの時期、ノロウイルスによる食中毒に注意が必要です。ノロウイルスの様々な感染経路、ノロウイルスによる食中毒を防ぐための“4原則”などについて、厚生労働省生活衛生・食品安全審議官の宮嵜 雅則さんに伺います。聞き手はフリーアナウンサーの関谷 亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成30年12月2日放送)

~パンやケーキ、麺類も!~“国内産米粉”でおいしい食生活

日付 2018/11/15

今、小麦粉の代わりにお米を粉にした米粉商品が続々登場しています。製粉技術の向上により、パンや洋菓子に使った場合でも、より料理しやすくなりました。小麦粉と比べ、グルテンを含まない、もっちりとした食感、油の吸収率が低いなどのメリットがあります。米粉を使って、おいしい食生活を始めてみませんか?

徳光・木佐の知りたいニッポン!~世代を超えて 「共食」のススメ

日付 2018/06/11

近年、核家族化やライフスタイルの多様化などによって一人で食事をする「孤食」が、子供や、高齢者などで増えています。そんな中、ただ食べるだけではなく、家族や友人、ご近所さんなどと食事を共にする「共食」の取組が推進されています。地域やコミュニティなどを通じて、様々な世代の人が食事を共にする「共食」のメリットについて、実際の事例とともに詳しく解説します。さらに、スタジオでは政府の食育推進会議委員を務める、学校法人服部学園理事長の服部幸應さんが、「食育」について熱く語ります!徳光さんと木佐さんの朝食も厳しく?チェックします。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成30年6月9日放送)

徳光・木佐の知りたいニッポン!~徳光和夫が 行って 呑んで 味わう ふくしま

日付 2018/03/08

今回は特別編!番組のキャスター徳光さんが、スタジオを飛び出して思い出の地、福島へ。東日本大震災から7年。人々の変わらぬ温かさやたくさんの触れ合いで感じた福島の今とは?話題の施設、コミュタン福島で驚きの体験も!さらにスタジオでは、たくさんのおすすめ品を携えて福島から来ていただいたゲストとともに、徳光さんが、行って、呑んで、味わう、普段の「ふくしま」をご紹介します。どうぞご一緒にお楽しみください!

“サムライ”藤岡弘、がゆく いま注目の食材 ジビエをいただく

日付 2018/03/08

「“サムライ”藤岡弘、がゆく」。第3回は「ジビエ」。雪深い石川県の山中に藤岡さんが参上!狩猟で得たジビエを有効活用している現場を訪れた藤岡さん。狩女(かりじょ)のパワーにおされて山で獲れた鹿の解体作業や雪深い山中で身をもって体験したことを通じてサムライが気づいたこととは?「自然の恵みを感謝していただくことが大切」と日頃から感じている藤岡さんも、あらためて、命をいただくことで、命をつないでいることを再認識。そしてジビエを活用することで広がる未来や、日本の将来を担う子供たちへのメッセージを熱く語ります。(本編:6分49秒)

地域ブランドを守る GIマーク

日付 2017/04/06

日本では、地域の気候や風土などの違いから伝統野菜や個性豊かな農産品が生まれ、その中にはブランド化の取り組みが進められ、高い価値を生み出している農産品もあります。しかし、価値や人気が高まる一方で、中には本来の生産地や製法、品質を守らない産品に有名な特産品の名称が付されて販売されるケースも見受けられるところです。 そこで、地域ブランドを保護する仕組みとして平成27年6月からスタートしたのが今回紹介する「地理的表示保護制度」です。今回は、この制度の内容や産地での取組について紹介します。

大切な情報を消費者に伝える 食品表示が変わります

日付 2015/04/09

消費者の皆さんが、食品を購入する時に、正しく食品の内容を理解したり、選択するうえで重要な情報源となるのが食品表示です。その食品表示のルールである食品表示法が、平成27年4月1日から施行されます。そこで、食品表示法によって、何が変わるのか、消費者にとっては、どのようなメリットがあるかをお伝えします。

世界が認めた日本のBSE対策 検査対象が48か月齢を超える牛に

日付 2013/10/17

平成25年、OIE(国際獣疫事務局)から「日本のBSEリスクは無視できるほど小さい」と認定されました。また7月、国産牛のBSE検査対象が生後48か月齢を超える牛に限定されました。国産牛・輸入牛の安全性はどのようにして確保されているのか。今回は、今行われているBSE対策についてご紹介します。

つけない!増やさない!やっつける!家族と自分を食中毒から守る予防法

日付 2012/07/05

様々な場所に潜む食中毒を引き起こす菌やウイルス。今回は、家族、特に小さな子どもやお年寄りを守るため、専門家のインタビューなどから菌やウイルスの特徴と対策をご紹介します。

食の乱れが病気を招く~食育は子どもだけのものじゃない

日付 2012/06/18

内閣府では、乳幼児から高齢者にいたるまで、生涯にわたって正しい食生活を実践していただくための「食育ガイド」を作成しました。「食育」は、単に子供の食生活に対する教育と思われがちですが、大人にとっても重要な問題です。今回は、成人の方を中心とした食生活の改善を、専門家のインタビューを交えながら、ご紹介します。

沖縄の食文化を探る~食の歴史

日付 2008/12/25

琉球料理を語るには、450年の歴史を持つ琉球王国の宮廷料理を抜きにすることはできません。この映像では、その宮廷料理の中から、中国からやってくる冊封使をもてなすための「冊封使歓待料理」を取り上げ、紹介します。