• 動画をご覧になるには
  • よくある質問
  • English
  • スマートフォンサイトを表示
TOPへ戻る

暮らしの安全・安心|交通安全 番組一覧

霞が関からお知らせします~過信は禁物、万能ではありません!~車の衝突被害軽減ブレーキ~

公開日:平成31年(2019年)2月4日

車載カメラなどで前方の車両や障害物を認識し、衝突の回避や被害軽減を図る「衝突被害軽減ブレーキ」システム。普及が進みつつあることから、「今、乗っている車にこのシステムが搭載されている」という方もいるのではないでしょうか?しかし、このシステム、状況によっては作動しないなど決して万能ではないことから、システムの性能を過信せず細心の注意を払って運転することが大切です。衝突被害軽減ブレーキの作動の仕組や、システムの性能が発揮できなくなる具体的な状況などについて、様々な映像を交えながら、国土交通省自動車局次長を務める島 雅之さんに聞きます。聞き手はフリーアナウンサーの関谷 亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成31年2月3日放送)

何が持ち込めて 何が持ち込めない? 飛行機に乗る時の注意!!

公開日:平成30年(2018年)12月20日

仕事や旅行などで乗る機会が多い飛行機ですが、荷物の持ち込みが出来なかったりすることがあります。安全に、そしてスムーズに飛行機を利用するために、空港に行く前に確認してほしい、「飛行機に持ち込めるもの、持ち込めないもの」のルールをご紹介します。

気づかず飲酒運転 意外と知らない お酒が抜ける時間

公開日:平成30年(2018年)12月6日

飲酒運転による事故は、お酒を飲んだ直後だけでなく、飲んでから時間が経っても、体内からまだアルコールが抜けずに起こるケースもあります。今回は、アルコールが体内から抜ける時間などを詳しく解説しています。飲んだ翌朝でも要注意!飲酒運転の根絶にご協力ください。

いま確認したい! 高速道路上でのもしもの対処法

公開日:平成30年(2018年)2月8日

高速道路を走行中、もしも故障や事故で停車することになったら厳重な注意が必要です。後続車にひかれたり衝突される死亡事故が多発しています(高速道路の死亡事故のおよそ5件に1件)。では、どう対処したらよいのでしょうか?番組でご紹介します。

高齢ドライバーも安心!安全運転サポート車「サポカー」

公開日:平成29年(2017年)10月19日

車の運転で、ペダルを踏み間違えてヒヤリとしたことはありませんか?こうしたことでの事故を防ぐために政府と自動車業界で推進しているのが、自動ブレーキ等の先進技術を搭載した安全運転サポート車「サポカー」です。どんな車なのか?番組でご紹介します。
                
冒頭~ 「サポカー」とは?
1分55秒頃 特に高齢ドライバーに推奨される「サポカーS」の機能とは
         (自動ブレーキ、ペダル踏み間違え時加速抑制装置等)
4分07秒頃 サポカーの機能を体験してみた!
5分54秒頃 サポカーの利用に当たって注意したいこと

危ない!運転中のながらスマホ

公開日:平成29年(2017年)8月3日

スマートフォンの普及とともに、運転中の「ながらスマホ」による事故が急増しています。時速60kmの自動車は、1秒間に何m進むかご存知ですか?画面に目をそらした数秒間に悲惨な事故が起きています。その危険性について実験映像を交えてご紹介します。            

冒頭  携帯電話使用等による交通事故が急増!
1分42秒頃 ながらスマホによる交通事故事例
2分39秒頃 実験映像から見る、ながらスマホの危険性
5分02秒頃 1秒のながらスマホで、時速60キロの車は何m進む?

その先の悲劇 絶対にしない・させない!飲酒運転

公開日:平成28年(2016年)12月15日

飲酒運転は、重大事故に直結する極めて悪質・危険な犯罪です。しかし、飲酒運転による交通事故の件数は減少傾向にあるものの、平成27年中は3,864件、死亡事故は201件と依然として相当数の事故が発生しているのが現状です。今回は、飲酒運転を根絶させるために、専門家のインタビューを交え、飲酒運転の危険性について訴えます。

~実用化に向けて~「自動運転技術」のいま

公開日:平成28年(2016年)10月6日

現在、世界の自動車メーカーや部品メーカーなど様々な業界が、自動車の「自動運転」の実用化に向けて開発に取り組んでいます。今後、これらの技術の進化により、交通事故の大幅な減少・渋滞の緩和・環境の改善・高齢者等の移動支援などの効果が期待でき、近い将来、運転席のない完全自動走行の自動車が誕生することも夢ではありません。今回は、「自動運転技術」を取り巻く現状を取材し、これから私たちのカーライフはどう変わるのか?そのメリットや課題、今後の開発状況などについて詳しく紹介します。

そのクルマ、大丈夫? STOP ! THE 不正改造(1分ダイジェスト)

公開日:平成28年(2016年)6月7日

不正改造車は、安全を脅かし、道路交通の秩序を乱すとともに、排出ガスによる大気汚染、騒音などの環境悪化の要因となっています。不正改造撲滅へのメッセージ動画です。

そのクルマ、大丈夫? STOP!THE 不正改造

公開日:平成28年(2016年)6月7日

平成27年6月に行われた「不正改造車を排除する運動」強化月間中に検査した約2万台の約1%に当たる206台に不正改造車として整備命令が発令されました。不正改造車は、安全を脅かし、道路交通の秩序を乱すとともに、排出ガスによる大気汚染、騒音などの環境悪化の要因となっています。不正改造車をなくし、安全・安心なクルマ社会が実現されるためには、国民一人ひとりが不正改造について、正しい知識を持つことが必要です。今回は、具体的な不正改造の事例や、それに伴う社会的な悪影響などについて紹介します。

スポーツ用自転車の思わぬ事故 知っておきたい4つの点検ポイント

公開日:平成28年(2016年)2月25日

全国の消費生活センターに寄せられたスポーツ用自転車の事故等に関する相談件数は、平成22年度以降、自転車全体の2割程度で推移しており、今後、スポーツ用自転車がさらに普及した場合、相談件数も増加していくことが懸念されています。今回は、思わぬ事故を未然に防ぐために、スポーツ用自転車を取り扱う上での、最低限知っておきたい注意点や、一般的な自転車にも共通する日常点検のポイントなどについてご紹介します。

自転車運転者も責任が問われます 平成27年6月から自転車運転者講習制度がスタート

公開日:平成27年(2015年)5月21日

自転車が関係する交通事故は、毎年交通事故全体の約2割を占めています。ルールを守らず事故を起こせば、自転車の運転者も責任を問われます。そして、道路交通法の改正により、平成27年6月から、危険な違反をした自転車の運転者に対して、講習を受けるよう義務付ける「自転車運転者講習制度」が新たに導入されました。今回は、自転車を安全に利用し、交通事故を起こさないために、「自転車安全利用五則」と「自転車運転者講習制度」について紹介します。

環状交差点の交通方法

公開日:平成26年(2014年)8月27日

環状交差点の交通方法が定められ、平成26年9月1日に施行されます。環状交差点とは、車両の通行する部分が環状の交差点であって、道路標識により車両がその部分を右回り(時計回り)通行することが指定されているものをいいます。この番組では、環状交差点の交通方法をわかりやすく説明します。

運転免許の制度が変わりました!~安全運転に影響を及ぼす病状について質問票に正しく回答を

公開日:平成26年(2014年)7月10日

平成26年6月1日に施行された、今回の道路交通法改正では、運転免許の取得や更新をしようとした人が、自動車の安全な運転に支障を及ぼす恐れのある病気の症状を有しているかどうかの、質問票の提出が義務化されました。今回は、改正に至った経緯や質問票の内容などのほか、その他の改正点について、警察庁担当者が解説します。

事故を防ぐために もう一度見直そう 自転車の安全ルール

公開日:平成25年(2013年)11月7日

自転車は、道路交通法上では、自動車と同じ「車両」であり、決められたルールを守らなくてはなりません。近年、このルール違反による自転車の事故が多発しており、深刻な問題となっています。そこで平成25年6月に道路交通法が改正され、自転車の通行方法に関するルールが整備されました。今回は、改めて自転車を安全に利用するためのルールをご紹介します。

プレジャーボートの事故を防ぐために 出航前の準備と航行中の見張り

公開日:平成25年(2013年)7月18日

ルールを守れば安全なはずの海ですが、少しの気の緩みや不注意による船の事故が後を絶ちません。出航前の準備や航行中の見張り等、海の事故を防ぐためにはどうすれば良いのか、ポイントをご紹介します。

自転車は車のなかま~ルールを守って安全運転

公開日:平成24年(2012年)2月20日

自転車による交通事故が後を絶ちません。自転車は軽車両であり、車の運転者と同様、交通ルールを守らなければ厳しい刑罰が与えられる場合があります。交通事故の被害者にも加害者にもならないよう、自転車の基本的な交通ルールについて紹介します。

飲酒運転の根絶!飲酒運転を絶対にしない、させない

公開日:平成24年(2012年)2月2日

飲酒運転は重大な交通事故につながる極めて悪質・危険な犯罪です。「飲酒運転をしない、させない」ために、飲酒による運転への影響とその危険性についてお伝えします。