• 動画をご覧になるには
  • よくある質問
  • English
  • スマートフォンサイトを表示
TOPへ戻る

防災・減災 番組一覧

地震に見舞われた町を、地元の名物で元気付けたい!"ししゃもタイ焼き"復活への軌跡

日付 2019/02/15

むかわ町名物"ししゃも鯛焼き"の店が全壊。マチに賑わいを取り戻すため、店舗再開へ歩み始める夫婦の姿を紹介します。
(UHB北海道文化放送「未来へ繋ぐ!どさんこ魂」 2019年2月14日放送)

震災は地域の産業にも大きな被害を与えた。「逆境をチャンスに」農家の挑戦。

日付 2019/02/08

日本一のハスカップ産地、厚真町を襲った胆振東部地震。地震による土砂で40年以上育ててきた500本の木を飲み込まれた農家の夫婦。甚大な被害を受けながらも、2人は地震からわずか2週間後、早くも再生への歩みを始めていた。自分たちで育てたハスカップを使ったスイーツで”ハスカップの町”復興へのチャレンジ。
(UHB北海道文化放送「未来へ繋ぐ!どさんこ魂」 2019年2月7日放送)

自分たちも被災しながら、地域を守る人たちがいた。被災地の消防団が守ってきたものとは…

日付 2019/02/08

胆振東部地震で自分たちも被害を受けながら、地域を守り続けた人たちがいた。今年で結成110年を迎えた鵡川消防団。復興途上の町で出初式をしてもいいのか?悩みながらも堂々と行進する団員たち。消沈した町に威勢の良い掛け声が響き渡った。町の再生を願い、活動を続けてきた団員が本当に守ってきたものとは何だったのか。
(UHB北海道文化放送「未来へ繋ぐ!どさんこ魂」 2019年1月31日放送)

「町の音楽文化の灯を消してはいけない」厚真町民吹奏楽団が踏み出す新たな1歩

日付 2019/02/08

胆振東部地震で最も大きな被害が出た胆振の厚真町。食料や住宅など自治体の支援を受けながら、復旧作業が続く中、果たして、活動を再開してもいいのか…。葛藤する厚真町民吹奏楽団。団員たちが再開を決めた背景には、地震で犠牲になった楽団の大黒柱・指揮者のある言葉があった。
(UHB北海道文化放送「未来へ繋ぐ!どさんこ魂」 2019年1月24日放送)

北海道胆振東部地震復興 応援メッセージ 北海道 虻田郡豊浦町出身 内藤大助さん

日付 2018/12/26

北海道胆振東部地震復興に向けて北海道 虻田郡豊浦町出身 内藤大助さんから応援メッセージをいただきました。

平成30年7月豪雨復興 応援メッセージ 岡山県 岡山市出身 桜井日奈子さん

日付 2018/12/26

平成30年7月豪雨復興に向けて岡山県 岡山市出身 桜井日奈子さんから応援メッセージをいただきました。

平成30年7月豪雨復興 応援メッセージ 広島県 安芸郡府中町出身 竹原慎二さん

日付 2018/12/26

平成30年7月豪雨復興に向けて広島県 安芸郡府中町出身 竹原慎二さんから応援メッセージをいただきました。

平成30年7月豪雨復興 応援メッセージ 愛媛県 西条市出身 眞鍋かをりさん

日付 2018/12/26

平成30年7月豪雨復興に向けて愛媛県 西条市出身 眞鍋かをりさんから応援メッセージをいただきました。

徳光・木佐の知りたいニッポン!~知り 備え 伝える 防災・減災

日付 2018/09/03

地震大国とも言われる日本。いつどこで地震が起こっても不思議ではありません。特に、「南海トラフ地震」は今後30年以内に70%~80%の確率で発生するとされています。今回は、番組MCの木佐さんが、名古屋にある防災や減災に関する研究施設へ。そこで木佐さんが見て、聞いて、体験し、考えたこととは。さらに、スタジオでは、東京大学生産技術研究所の加藤孝明准教授をお迎えし、災害による被害を小さくするために備えておきたいことや事前に知っておきたい情報などを詳しく解説します。
(BS-TBS 平成30年9月1日放送)

自然災害から命を守る まずは子供に伝えたい! 3つのポイント

日付 2018/08/07

自然災害は、日本全国、いつ何時でもリスクがあります。大人が近くにいないため、子供自身で自分の身を守らなければいけない状況が起こらないとも限りません。今回は、自然災害の時に知っておきたいポイントと、子供に伝える防災教育についてご紹介します。

徳光・木佐の知りたいニッポン!~知る つながる 命を守る 水害・土砂災害に備えよう

日付 2018/06/25

近年、地球温暖化による気候変動などの影響により、1時間の雨量が50ミリを超える大雨が増加傾向にあります。このような大雨は、正にバケツをひっくり返したように短時間で大量に降ることから、水害や土砂災害の発生リスクが高くなっています。そこで今回は、水害や土砂災害から命を守るために私たちにできる「3つの行動」について、内閣府政策統括官(防災担当)付参事官の佐谷説子さんを交え、大雨に備える東京都の地下施設や平成29年7月九州北部豪雨の被災地の取組とともにご紹介します。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成30年6月23日放送)

霞が関からお知らせします~土砂災害~普段の備えが命を守る

日付 2018/06/11

突如として人の命を奪うこともある土砂災害。大分県での大規模な被害は記憶に新しいところですが、実は全国各地でも発生しています。こうした被害を防ぐために、土砂災害の危険のある河川に土砂や流木を食い止める対策や地域住民と行政が連携した取り組んだ具体的事例など、土砂災害から命を守る取組について、国土交通省水管理・国土保全局砂防部長の栗原淳一さんに伺います。聞き手はフリーアナウンサーの関谷亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成30年6月9日放送)

震源から遠くの高層ビルでも被害!? 長周期地震動

日付 2018/06/07

大規模地震が発生した際、震源地から遠く離れた高層ビルにおいても、大きな揺れが発生し被害が出る危険性が明らかになってきています。その原因は長周期地震動。今回は長周期地震動で起こることや、揺れの大きさを表す階級、普段の備えをお知らせいたします。

河川の洪水危険度をリアルタイムで予測 危険度分布

日付 2018/05/17

大雨時に、河川の洪水危険度を予測する情報についてご存知ですか?気象庁がインターネット上で公開している洪水警報の危険度分布では、全国約2万河川の危険度を5段階に分けて表示しています。番組では、これをどう活用できるのか、実例に照らしてご紹介します。

霞が関からお知らせします~進化し続ける「緊急地震速報」

日付 2018/05/14

震度5以上の揺れを予測した場合、テレビやスマートフォンなどから流れる「緊急地震速報」。いつ起こるか分からない大地震などから私たちの命を守る大切な情報です。今年3月、この緊急地震速報の精度が向上しました。経験の蓄積と技術の改善などにより、例えば南海トラフ地震などの巨大地震が起きたとき、従来よりも広い範囲に対応できるようになりました。進化した緊急地震速報の仕組みとともに、速報を見聞きした際、身の安全を確保するための行動について、気象庁地震火山部長の土井恵治さんに伺います。聞き手はフリーアナウンサーの関谷亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成30年5月12日放送)