• 動画をご覧になるには
  • よくある質問
  • English
  • スマートフォンサイトを表示
TOPへ戻る

環境・エコ|環境保全 番組一覧

霞が関からお知らせします~森を守る 国土を守る~森林経営管理制度がスタート

公開日:平成31年(2019年)3月25日

日本の国土の7割を占める森林は、水や生き物を育み、木材を供給する、私たちの生活に欠かせないものです。その森林を大切な財産として管理し守っていくため、今年4月から「森林経営管理制度」がスタートします。制度創設の背景を始め、森林管理のサイクル、健全な森林による災害の防止などについて、林野庁長官の牧元 幸司さんに聞きます。聞き手はフリーアナウンサーの関谷 亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成31年3月24日放送)

霞が関からお知らせします~おいしい+地域振興=ジビエ~その理由は…?

公開日:平成31年(2019年)1月28日

皆さん、『ジビエ』ってご存じですか?ジビエとはフランス語でシカやイノシシなど野生鳥獣の食肉のことです。栄養豊富でヘルシーなジビエは、新しい食材として私たちの食生活を豊かにしてくれます。また、その消費拡大は農作物の鳥獣被害に悩む地域の助けになることから、農林水産省ではジビエの流通を増やすための取組を進めています。各地の飲食店が参加する『全国ジビエフェア』や、安全なジビエの流通に向けた処理施設の認証制度などについて、様々なジビエ料理の映像を交ながら、農林水産省農村振興局農村政策部長を務める高橋 孝雄さんに聞きます。聞き手はフリーアナウンサーの関谷 亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成31年1月27日放送)

“海の熱帯林” サンゴ礁を守る~私たちができること~

公開日:平成30年(2018年)9月6日

海の熱帯林と呼ばれるサンゴ礁。海の生物の4分の1の種が生きていると言われる、そのサンゴ礁が、今衰退の危機に瀕しています。今回は、海から遠く離れた私たちの普段の生活の中でも、サンゴを守るために即実践できる3つの項目を紹介します。

霞が関からお知らせします~豊かな海を育むサンゴを守る!~国際サンゴ礁年

公開日:平成30年(2018年)7月23日

サンゴ礁は海の熱帯林と呼ばれるほど多様で豊かな生態系を持ち、私たちに様々な恵みをもたらしてくれますが、地球温暖化などの影響により、深刻な危機に瀕しています。そんなサンゴ礁の素晴らしさや大切さを多くの人に知っていただき、みんなで力を合わせてサンゴ礁を守るよう呼びかける取組が、今年3回目を迎える”国際サンゴ礁年”。サンゴ礁が私たちに与えてくれる恵みやサンゴ礁を守るために私たちができることなどについて、環境省自然環境局長の亀澤玲治さんに伺います。聞き手はフリーアナウンサーの関谷亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成30年7月21日放送)

霞が関からお知らせします~きれいな海をいつまでも!~海洋環境保全推進月間

公開日:平成30年(2018年)6月25日

四方を海に囲まれ、豊富な水産資源など多くの恩恵を受けている日本。しかし、”海洋汚染”は後を絶たず、その原因のほとんどが、給油中のミスや不法投棄など、人為的なものという現実が…。このため、海上保安庁では毎年6月を「海洋環境保全推進月間」と定め、様々な啓発活動を集中的に実施しています。海洋汚染の現状や海洋環境を守る活動について、海上保安庁総務部参事官の河村俊信さんに聞きます。聞き手はフリーアナウンサーの関谷亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成30年6月23日放送)

風を感じて走れ! いいこといっぱい 自転車に乗ろう

公開日:平成29年(2017年)6月29日

駅に乗っていった自転車と一緒に乗り込める電車があることをご存知ですか?自転車出勤し、シャワー後に勤務できる企業もあります。シェアサイクルや自転車にやさしい道路も増えています。いいこといっぱいの自転車を、もっと活用するためのヒントをご紹介します。

地球の未来を照らす 快適・便利なあかりとのつきあい方

公開日:平成28年(2016年)8月4日

毎年、地球温暖化対策の取組として、夏至と七夕の夜、ライトアップ施設や一般家庭の照明を消す「ライトダウンキャンペーン」が実施されています。また、私たちの普段の暮らしの中でも、二酸化炭素(CO2)排出削減のため、LED照明に切り替えるなど、できることがたくさんあります。今回は、全国各地で実施されたライトダウンキャンペーンの様子や、LED照明に変えたお宅への訪問などを通じて、快適・便利な「あかり」とのつきあい方について紹介します。

地球温暖化を防ぐために 「フロンラベル」が始まりました

公開日:平成28年(2016年)5月19日

1990年代以降、オゾン層を破壊する「特定フロン」は生産・使用が中止され、代わりに、「代替フロン」が使用されるようになりました。しかし、代替フロンには、二酸化炭素の数千倍という温室効果があることが分かりました。代替フロンに代わり、地球温暖化への影響が低い、新たなフロンが開発され、その新たなフロンを使用している製品が販売され始めています。その目安にして欲しいマークが、フロンラベルです。今回は、新しいフロンやフロンラベルについて、専門家のインタビューを交えながら紹介します。

私たちの暮らしの中でできる地球温暖化対策 クールチョイス 未来のために、いま選ぼう

公開日:平成27年(2015年)10月1日

皆さんは「COOL CHOICE」をご存じでしょうか。これは地球の未来のための「賢い選択」を意味するマークで、政府が推進する地球温暖化対策のキーワードになっています。なかなか減らない家庭からの温室効果ガスの排出量を減らすため、国民一人ひとりはどのように意識し、行動すべきなのでしょうか。この「COOL CHOICE」に賛同する企業の取組を交えて、私たちにもできることをご紹介します。

「水」はみんなの貴重な資源・・・大切にしよう わたしたちの水

公開日:平成26年(2014年)10月2日

あらゆる生命の源であり、私たちの生活の中でも欠かすことのできない「水」。しかし、私たちが比較的容易に使える「水」は、地球上にある水全体のわずか0.01%にしか過ぎません。そこで今回は、水資源の有限性や水の貴重さ、「水」を日々の生活の中で大切に使う工夫などについてご紹介します。

家電製品は正しくリサイクル~違法な不用品回収業者に出さないで!

公開日:平成24年(2012年)8月9日

不用になった、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機の家電4品目は「家電リサイクル法」 の対象で、適切なリサイクルが義務付けられています。違法な不用品回収業者は、無許可で家電製品を回収しており、廃棄物処理法違反になるばかりではなく、適切な処理が行われず、環境悪化にもつながっています。今回は、なぜ「違法な不用品回収業者」に出してはいけないのか、正しい処分について、ご紹介します。

エネルギー・環境の選択肢に関する福島県民の意見を聴く会-01【8月1日 福島会場】

公開日:平成24年(2012年)8月7日

現在、政府は、東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、エネルギー・環境戦略の見直しを行っています。6月29日に、政府の「エネルギー・環境会議」(議長:古川国家戦略担当大臣)は、2030年のエネルギー・環境に関する3つの選択肢(原発依存度を基準に、(1)ゼロシナリオ、(2)15シナリオ、(3)20~25シナリオ)を取りまとめました。この選択肢について国民の皆様より御意見を直接いただく「エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会」を全国11都市で開催しています。今回は、8月1日に福島会場において、細野大臣出席のもと開催されました。今後、本意見聴取会をはじめとした国民的議論を礎として、8月にエネルギー・環境の大きな方向を定める革新的エネルギー・環境戦略を決定し、政府として責任ある選択を行います。

エネルギー・環境の選択肢に関する福島県民の意見を聴く会-02【8月1日 福島会場】

公開日:平成24年(2012年)8月7日

現在、政府は、東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、エネルギー・環境戦略の見直しを行っています。6月29日に、政府の「エネルギー・環境会議」(議長:古川国家戦略担当大臣)は、2030年のエネルギー・環境に関する3つの選択肢(原発依存度を基準に、(1)ゼロシナリオ、(2)15シナリオ、(3)20~25シナリオ)を取りまとめました。この選択肢について国民の皆様より御意見を直接いただく「エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会」を全国11都市で開催しています。今回は、8月1日に福島会場において、細野大臣出席のもと開催されました。今後、本意見聴取会をはじめとした国民的議論を礎として、8月にエネルギー・環境の大きな方向を定める革新的エネルギー・環境戦略を決定し、政府として責任ある選択を行います。

新技術が続々と!再生可能エネルギー

公開日:平成23年(2011年)12月8日

枯渇が心配される化石燃料にたよらず、CO2の削減にもつながる「再生可能エネルギー」。太陽、風、川、大地など自然の力を利用し、環境に優しい、再生可能エネルギーについて紹介します。

エコチル調査~子どもの健康と環境に関する全国調査

公開日:平成23年(2011年)2月17日

近年、子どもたちの間で、心や身体の異常が年々増加しているという調査結果が報告されています。このため、2011年1月から、全国15の地域でご協力をいただき、環境が、子どもたちの健康にどのような影響を及ぼしているのか調べる、エコチル調査が始まります。今回は、専門家のインタビューを交えながら、その意義や内容について、紹介します。

地球のいのち、つないでいこう~私たちの暮らしから考える生物多様性

公開日:平成22年(2010年)9月16日

地球に暮らすすべての生きものたちの、命のつながりが生物多様性であり、すべての生きものの生存基盤となっています。今回は、その生物多様性について、宮城県大崎市の様子をもとに紹介します。

みらいのこどもたちのために【CM】

公開日:平成22年(2010年)9月16日

地球に暮らすすべての生きものたちの、命のつながりが生物多様性です。私たちの生活も、生物多様性がもたらしてくれる様々な恵みの上に成り立っています。すべての「いのち」はつながっていることをもっと知って下さい。

公害で困ったらまず相談~公害紛争処理制度って何?

公開日:平成21年(2009年)1月8日

公害紛争処理制度は、「騒音」などの身近な公害から「土壌汚染」や「廃棄物」「漁業被害」までの様々な公害に関する紛争を、裁判による解決とは別に迅速かつ適正に処理する制度です。今回はこの制度や手続について具体的に紹介していきます。