• 動画をご覧になるには
  • よくある質問
  • English
  • スマートフォンサイトを表示
TOPへ戻る

環境・エコ|エコ 番組一覧

徳光・木佐の知りたいニッポン!~“運び方改革”で物流を守る!「ホワイト物流」推進運動

公開日:令和元年(2019年)6月3日

年々増加する我が国の宅配便取り扱い個数。その一方、トラックドライバーの不足が深刻な課題に。その原因には、「運転」以外にも多くの業務を担うなど、負担が大きいことも挙げられています。そんなトラックドライバーの労働環境をよりよい形に変えていく「ホワイト物流」推進運動について、流通経済大学学長で、「ホワイト物流」推進会議の座長も務める野尻俊明さんが解説。さらに、ドライバーの負担を減らすために私たちができることもご紹介します。
(BS-TBS 令和元年6月2日放送)

徳光・木佐の知りたいニッポン!~自転車でこぎだそう! 安全で安心な日本へ

公開日:平成31年(2019年)4月8日

環境にやさしく、健康増進にもつながる自転車。そんな自転車を安全で快適に楽しむための取組が各地で進んでいます。今回は、国土交通省自転車アンバサダーの稲村亜美さんが都内のシェアサイクルを体験リポート!さらに番組スタッフは、サイクルツーリズムで地域を元気にしようと官民が連携して取り組んでいる天草市へ!世界文化遺産に登録された﨑津集落をはじめとする天草の美しい映像を交え、自転車の活用についてモビリティ・ジャーナリストの楠田悦子さんをスタジオにお迎えしてご紹介します。
(BS-TBS 平成31年4月7日放送)

霞が関からお知らせします~「住みたい」「買いたい」中古住宅の流通促進~安心R住宅~

公開日:平成30年(2018年)10月29日

今年4月からスタートした“安心R住宅”。「品質が不安」「古くて汚い」といった中古住宅に対するマイナスイメージを払拭し、安心して購入してもらえるよう設けられた制度です。耐震性を始めとする一定の基準を満たす中古住宅の広告には、”安心R住宅”のロゴマークを表示でき、消費者にとっても中古住宅物件の検討がこれまでよりも容易に。「住みたい」「買いたい」と思える”安心R住宅”について、中古住宅の流通促進がもたらす社会的効果も交え、国土交通省住宅局長の石田 優さんに伺います。聞き手はフリーアナウンサーの関谷 亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成30年10月28日放送)

霞が関からお知らせします~私たちの暮らしを支える『水』~水の日・水の週間

公開日:平成30年(2018年)7月28日

飲み水を始め、炊事や洗濯、お風呂、農作物の栽培、工業製品の製造…。私たちは、毎日たくさんの水を使用しています。しかし、年間降水量に対する実際の水使用量の割合は、1割程度にとどまっています。地形が急で険しく、国土が狭い日本では、多くの水が利用される前に海に流れてしまい、ダムなどへの貯水量にも限りがあります。貴重な水を守るために私たちにできることや水の大切さについて考える”水の日・水の週間”について、国土交通省水資源部長の黒川 純一良さんに聞きます。聞き手はフリーアナウンサーの関谷 亜矢子さんです。ぜひご覧ください。※この動画は平成30年7月14日に収録したものです。

電気・ガス・灯油 工夫ひとつで こんなにお得!

公開日:平成30年(2018年)2月15日

電気代や暖房費の抑制を心がけている人も多いと思いますが、買い替えやちょっとした工夫によって、おおむねいくら節約になるのかご存知ですか?番組で調べてみました。よくある対策でも節約に効果的です。今後の省エネ対策の参考としてお役立てください。
                                                
冒頭~ イントロダクション

0分48秒頃~ 買い替え期ならありがたい!買い替え効果

(少しの工夫でこれだけお得!)
1分50秒頃~ エアコン編
3分5秒頃~ ファンヒーター編
3分45秒頃~ 電気カーペット編

風を感じて走れ! いいこといっぱい 自転車に乗ろう

公開日:平成29年(2017年)6月29日

駅に乗っていった自転車と一緒に乗り込める電車があることをご存知ですか?自転車出勤し、シャワー後に勤務できる企業もあります。シェアサイクルや自転車にやさしい道路も増えています。いいこといっぱいの自転車を、もっと活用するためのヒントをご紹介します。

世界の合言葉「もったいない」食品ロスを減らすために ひと工夫!

公開日:平成28年(2016年)10月20日

食べ残したり使い切れずに捨ててしまう食料、お米に換算すると1日におにぎりを2個ずつ捨てていることになります。このように、食べられるのに捨てられてしまう食品のことを「食品ロス」といいます。日本における食品ロスは、年間約632万トンと推計され、これは全世界の食糧援助量の約2倍になります。食品ロスを減らすためには、私たち一人ひとり、そして食品事業者の方々の取組が必要です。大切なのは、食に対して「もったいない」という気持ちを持つことです。今回は、専門家に食材を長く貯蔵する工夫を聞き、食品ロスを減らす試みをしている福井県を取材しました。

地球の未来を照らす 快適・便利なあかりとのつきあい方

公開日:平成28年(2016年)8月4日

毎年、地球温暖化対策の取組として、夏至と七夕の夜、ライトアップ施設や一般家庭の照明を消す「ライトダウンキャンペーン」が実施されています。また、私たちの普段の暮らしの中でも、二酸化炭素(CO2)排出削減のため、LED照明に切り替えるなど、できることがたくさんあります。今回は、全国各地で実施されたライトダウンキャンペーンの様子や、LED照明に変えたお宅への訪問などを通じて、快適・便利な「あかり」とのつきあい方について紹介します。

地球温暖化を防ぐために 「フロンラベル」が始まりました

公開日:平成28年(2016年)5月19日

1990年代以降、オゾン層を破壊する「特定フロン」は生産・使用が中止され、代わりに、「代替フロン」が使用されるようになりました。しかし、代替フロンには、二酸化炭素の数千倍という温室効果があることが分かりました。代替フロンに代わり、地球温暖化への影響が低い、新たなフロンが開発され、その新たなフロンを使用している製品が販売され始めています。その目安にして欲しいマークが、フロンラベルです。今回は、新しいフロンやフロンラベルについて、専門家のインタビューを交えながら紹介します。

私たちの暮らしの中でできる地球温暖化対策 クールチョイス 未来のために、いま選ぼう

公開日:平成27年(2015年)10月1日

皆さんは「COOL CHOICE」をご存じでしょうか。これは地球の未来のための「賢い選択」を意味するマークで、政府が推進する地球温暖化対策のキーワードになっています。なかなか減らない家庭からの温室効果ガスの排出量を減らすため、国民一人ひとりはどのように意識し、行動すべきなのでしょうか。この「COOL CHOICE」に賛同する企業の取組を交えて、私たちにもできることをご紹介します。

小さな意識で大きな改善! やってみようエコドライブ10のすすめ

公開日:平成25年(2013年)11月28日

近年、エコや省エネの対策がますます広がり、自動車も環境に優しいエコカーが増えていますが、エコカーでなくても、運転技術や少しの心がけで燃費のいい走りができるのが、エコドライブです。今回は、環境にもお財布にも優しいエコドライブ10の方法をご紹介します。今日からチャレンジしてみてください。

夏のエコアクション~グリーンカーテンを始めよう!

公開日:平成25年(2013年)6月6日

自然の力を利用して環境にやさしい節電対策をしようという取り組み「グリーンカーテン」には涼しさ以外にも様々なメリットがあります。今回はグリーンカーテンの取り組みや育て方のコツをご紹介。自宅や学校や会社で楽しく実践できるエコアクションを始めてみませんか。

もったいない!食品ロスを減らしましょう~大切な食品を捨てない取り組み

公開日:平成25年(2013年)4月18日

世界の穀物受給がひっ迫し、食料価格も上昇しつつある中、わが国では年間1,800万トンの食品廃棄物が排出されています。この中には、本来食べられるのに廃棄されているもの、いわゆる「食品ロス」が多く含まれているのです。今回は、食品や食材を無駄なく大切に使うため、「私たちにできること」について、ご紹介します。

みんなで持ち歩こう!マイボトル・マイカップ

公開日:平成23年(2011年)9月8日

好きな飲み物を、いつでもお気に入りのボトルやカップで楽しみたい。そんな人たちが持っているのが、マイボトルやマイカップ。常に携帯すればゴミの削減CO2の削減にもなります。エコに貢献できて、しかも節約できる!今回は、実際の例を交えながら、マイボトル・マイカップを紹介します。