• 動画をご覧になるには
  • よくある質問
  • English
  • スマートフォンサイトを表示
TOPへ戻る

国際 番組一覧

霞が関からお知らせします~自由な貿易で経済に追い風!~日EU・EPA

公開日:平成31年(2019年)3月11日

今年2月、日本とEU加盟国との間で自由な貿易を行うためのルールを定めた『日EU・EPA(経済連携協定)』がスタートしました。日本産のほとんどの品目でEU側の関税が撤廃され、輸出の拡大が期待されるとともに、EU産の衣料品や食品なども輸入しやすくなり、気軽に楽しめるように。政府の経済効果の試算では、GDPは約5兆円、雇用は約29万人増加すると見込んでいます。日EU・EPAがもたらすメリットや国内農林水産業の体質強化などについて、外務省経済局長の山上 信吾さんに聞きます。聞き手はフリーアナウンサーの関谷 亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成31年3月10日放送)

徳光・木佐の知りたいニッポン!~世界の賓客を“おもてなし” 京都迎賓館の魅力

公開日:平成31年(2019年)3月11日

日本の歴史や文化を代表する都市・京都で世界各国の賓客をもてなす国の迎賓施設、「京都迎賓館」。建物から室内の装飾まで、伝統技能の粋を集めた『和のおもてなしの場』です。その魅力を国内外の方に広く知ってもらうため、平成28年から通年で一般公開が行われています。今回は、番組MCの木佐彩子さんが迎賓館京都事務所長の松本克彦さんの案内で見学!そこで魅了されたおもてなしの心とは?さらに、建設に携わった京都の匠たちの技とプライドにも迫ります。
(BS-TBS 平成31年3月10日放送)

霞が関からお知らせします~TPP~日本にとってどんなメリットが?

公開日:平成31年(2019年)3月4日

昨年12月30日に発効した“TPP”。参加11か国の間で、関税の削減や撤廃、更にはビジネスの自由化を推進する協定です。参加国の間で貿易や投資が促進されることで、日本の実質GDPを約1.5パーセント押し上げる経済効果が見込まれています。日本がTPPに参加した理由、私たちの生活における恩恵、中小企業や農業など国内産業への対策について、内閣官房TPP等政府対策本部の内閣審議官 清水 茂夫さんに聞きます。聞き手はフリーアナウンサーの関谷 亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成31年3月3日放送)

霞が関からお知らせします~別世界、はじまる。~新4K8K衛星放送~

公開日:平成30年(2018年)11月26日

12月1日から始まる“新4K8K衛星放送”。現在の地上デジタル放送やBSデジタル放送に比べ、再現できる色の範囲が広がり、速い動きも滑らかになり、2020年東京オリンピック・パラリンピックなどをより臨場感あふれる映像で楽しめます。新4K8K衛星放送と現在の放送との映像の違い、新4K8K衛星放送の視聴方法などについて、総務省情報流通行政局長の山田 真貴子さんに伺います。聞き手はフリーアナウンサーの関谷 亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成30年11月25日放送)

徳光・木佐の知りたいニッポン!~一般公開で新たな楽しみも!迎賓館 赤坂離宮

公開日:平成30年(2018年)9月17日

世界各国から国王や大統領、首相などの賓客をお迎えする「迎賓館赤坂離宮」。日本で唯一のネオ・バロック様式による西洋風宮殿建築で、賓客の宿泊施設としてだけでなく、歓迎行事や首脳会談など外交の舞台としても活用されています。また、平成28年4月に通年での一般公開が始まってから、2年間で約135万人が訪れ、人気の観光スポットにもなっています。今回は司会の徳光さんがスタジオを飛び出し、迎賓館総務課長の船坂和夫さんの案内で、参観者に人気の高い部屋や庭園を鑑賞します。さらに和風別館のガイドツアーにも!館内に施された豪華な装飾やおもてなしの心など、美しい映像とともに迎賓館赤坂離宮の魅力をたっぷりお伝えします。
(BS-TBS 平成30年9月15放送)

私たちが伝えたい思い~かけがえのない「北方領土」~

公開日:平成30年(2018年)8月30日

我が国の固有の領土、北方領土。美しい海、雄大な山々があり、ここを故郷とする元島民の日本人もいます。若い世代にも北方領土への思いは受け継がれています。元島民の方の話を聞き、北方領土のことを学んで何を感じたか?その思いを自らの声で伝えます。

霞が関からお知らせします~豊かな海を育むサンゴを守る!~国際サンゴ礁年

公開日:平成30年(2018年)7月23日

サンゴ礁は海の熱帯林と呼ばれるほど多様で豊かな生態系を持ち、私たちに様々な恵みをもたらしてくれますが、地球温暖化などの影響により、深刻な危機に瀕しています。そんなサンゴ礁の素晴らしさや大切さを多くの人に知っていただき、みんなで力を合わせてサンゴ礁を守るよう呼びかける取組が、今年3回目を迎える”国際サンゴ礁年”。サンゴ礁が私たちに与えてくれる恵みやサンゴ礁を守るために私たちができることなどについて、環境省自然環境局長の亀澤玲治さんに伺います。聞き手はフリーアナウンサーの関谷亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成30年7月21日放送)

霞が関からお知らせします~そのお土産大丈夫?~暮らしを守る動植物検疫

公開日:平成30年(2018年)7月17日

海外へ出かけた際、たくさんのおいしい食べ物に出会い、“お土産に買って帰りたい”と思ったことはありませんか?しかし、外国の果物や野菜、畜産物などには、日本に存在しない病害虫やウイルスが潜んでいることがあります。そのため、こうしたものが国内に侵入するのを防ぐため、空港などでは“動植物検疫”が行われています。せっかくのお土産が国内に持ち込めないこともあり、海外での買い物には注意が必要です。動植物検疫の受け方や国内に持ち込めないものなどについて、農林水産省大臣官房審議官の岩本健吾さんに伺います。聞き手はフリーアナウンサーの関谷亜矢子さんです。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成30年7月14日放送)

徳光・木佐の知りたいニッポン!~「農泊」で日本の魅力を再発見

公開日:平成30年(2018年)7月9日

農村や漁村で寝泊まりし、都会では経験できない生活を体験してみませんか?集落の景観や暮らしを丸ごと野外博物館に見立てたミュージアムや、風を感じ川の音を聞きながらゆっくり楽しむサイクリングツアーなど、そんな「体験」ができる滞在型の旅行が「農泊」です。ある集落では、地域ぐるみで農泊の取組を進めたところ、年間300人程度だった観光客が、2年後には2,000人/年を突破したというところも!また、外国人旅行者にとっても日本の伝統的な生活が体験できるということが人気となり、今、農泊が注目されています。今回は、農林水産省農村振興局都市農村交流課長の日置秀彦さんを交え、日本の原風景が残る美しい映像とともに普段の旅行とは一味違う「農泊」の魅力をたっぷりとご紹介します。ぜひご覧ください。
(BS-TBS 平成30年7月7日放送)

迎賓館赤坂離宮(2分)

公開日:平成30年(2018年)1月18日

国の迎賓施設として諸外国の賓客をお迎えする迎賓館赤坂離宮。その魅力を2分でご紹介します。

迎賓館赤坂離宮和風別館游心亭(1分)

公開日:平成30年(2018年)1月18日

諸外国からの賓客に「和のおもてなし」をする迎賓館赤坂離宮和風別館游心亭。その魅力を1分でご紹介します。

京都迎賓館(2分)

公開日:平成30年(2018年)1月18日

海外からの賓客に、日本への理解と友好を深めていただくために建設された京都迎賓館。その魅力を2分でご紹介します。

目的は何でもアリ!?飛びたて留学!!

公開日:平成29年(2017年)11月30日

毎年多くの高校生や大学生たちが海外留学で「人生を切り開く転機になった」と言えるような経験をしています。外国語が苦手だけど・・、費用が心配。興味はあっても不安があるのも当然です。まずは番組をご覧ください。

国際平和協力法25周年記念公開シンポジウム 国連PKO局長メッセージ

公開日:平成29年(2017年)6月28日

国際平和協力法25周年記念公開シンポジウムの開催に際し、国連PKO局長であるジャン・ピエール・ラクロワ氏よりビデオメッセージが発信されました。

国際平和協力法25周年記念公開シンポジウム 内閣総理大臣ビデオメッセージ

公開日:平成29年(2017年)6月28日

国際平和協力法25周年記念公開シンポジウムの開催に際し、安倍晋三内閣総理大臣よりビデオメッセージが発信されました。

野口英世アフリカ賞

公開日:平成28年(2016年)12月12日

「野口英世アフリカ賞」は、アフリカの疾病対策に多大な貢献を行い、黄熱病の研究で亡くなった野口英世博士の志を引き継ぎ、アフリカでの感染症等の疾病対策のため、医学研究又は医療活動のそれぞれの分野において顕著な功績を挙げた方々を顕彰し、もってアフリカに住む人々、ひいては人類全体の保健と福祉の向上を図ることを目的として2006年に日本政府により設立されました。今回は、この「野口英世アフリカ賞」の概要を過去2回の受賞者の声とともに御紹介します。

京都迎賓館 一般公開ガイド

公開日:平成28年(2016年)9月29日

京都御苑の中にある「京都迎賓館」は、海外からの賓客を心をこめてお迎えし、日本への理解と友好を深めていただくため、平成17年に開館した国の迎賓施設です。京都迎賓館では、我が国の伝統的技能の粋を集めた建物や庭園などの魅力を内外に発信するため、平成28年7月から、接遇に支障のない範囲で可能な限り、一般公開を実施しています。今回は、「京都迎賓館」の一般公開の概要を紹介します。

迎賓館赤坂離宮 一般公開ガイド

公開日:平成28年(2016年)5月26日

東京都港区元赤坂にある「迎賓館赤坂離宮」は、明治42年に東宮御所として建設され、昭和49年から国の迎賓施設として諸外国の賓客をお迎えしてきました。平成21年には、明治以降の建造物として、初めて国宝に指定されました。迎賓館では、この貴重な建物を多くの方々にご覧頂けるように、平成28年4月から、接遇に支障のない範囲で可能な限り、一般公開を実施しています。今回は、「迎賓館赤坂離宮」の一般公開の概要を紹介します。

企業や研究機関の方必見!優れた人材を海外から 高度人材ポイント制

公開日:平成28年(2016年)3月24日

グローバル化が進み、日本国内でも様々な分野で働く外国人が増えています。日本の企業や研究機関等でも、多様な価値観や経験、技術を持った海外の優れた人材を積極的に受け入れていくことは、国際競争力を高める上で、重要な課題となっています。そこで今回は、諸外国との人材獲得競争で優れた能力や技術を有する外国人を、長期間安定して雇用することを目的とされた「高度人材ポイント制による出入管理上の優遇制度」についてご紹介します。

中小企業・小規模事業者・農林漁業者のみなさま 海外への事業展開を応援します!

公開日:平成28年(2016年)2月4日

近年、新興国の市場拡大や日本の人口減少による国内市場の先細りなどから、企業の海外展開の動きが活発化し、中小企業にとどまらず、小規模事業者や農林漁業者にも広がっています。日本政策金融公庫では、海外への事業展開に取り組もうという中小企業・小規模事業者・農林漁業者の方々を資金と情報の両面から積極的に支援しています。今回は、日本政策金融公庫の支援制度を利用している会社を取材し、海外に向けて事業を展開する様々な取組について、ご紹介します。

空港に行く前に確認!飛行機に持ち込めないモノ

公開日:平成27年(2015年)7月17日

旅行や出張などで飛行機を利用する際に必ず必要なのが、搭乗前の荷物の安全チェック。飛行機を安全に運航させるためには欠かせない手続きですが、実は機内に持ち込む手荷物や搭乗前に預ける手荷物には、「入れてはいけないもの」があるのをご存じでしょうか?今回は、空港に行く前に確認していただきたい、持ち込める物の制限やルールについてご紹介します。

海外旅行・出張など海外渡航の際には 「たびレジ」に登録しましょう!

公開日:平成27年(2015年)6月29日

滞在が3か月未満の海外旅行や出張に行く人に、必ず登録して欲しいのが、外務省海外旅行登録「たびレジ」です。「たびレジ」に登録すると、渡航先の在外公館等から登録された連絡先に、渡航先で役に立つ情報が無料で送られてきます。今回は、「たびレジ」の概要や登録方法、渡航前の安全対策について、ご説明します。

迎賓館赤坂離宮別館 ~游心亭~

公開日:平成27年(2015年)4月30日

「迎賓館赤坂離宮別館 游心亭(ゆうしんてい)」は、東宮御所などの設計で知られる建築家、谷口吉郎(よしろう)氏の設計により、昭和49年(1974年)に建設されました。今回は、1年を通じて、国賓・公賓に和のおもてなしを提供する、「迎賓館赤坂離宮別館 游心亭」をご紹介します。

「あなたの熱意や経験が活かせます」 青年海外協力隊で真の国際人へ

公開日:平成27年(2015年)4月2日

世界の8割以上の人たちが開発途上国で暮らし、未だに充分な食料や安全な飲み水が得られない・・・、学校や病院に行くこともままならない・・・。日本では当たり前の事でも、世界では未だ叶わない事がたくさんあります。そうした開発途上国への技術協力や相互理解、青少年育成を目的に、日本では1965年から青年海外協力隊を派遣してきました。今回は、平成27年で50周年を迎える青年海外協力隊を紹介。「私たちにもできることは必ずある。」彼らの経験から得た国際人としての熱い情熱や想いをお伝えします。

そのクリック、ちょっと待って! 海外から狙われる、情報セキュリティ

公開日:平成26年(2014年)11月20日

今や、生活には欠かせなくなったインターネット。わが国のインターネット利用者数は1億人に達しています。しかし、そこには落とし穴も!インターネットは世界中の人と直接つながるメディアですが、同時に悪意のある人ともつながってしまう側面があり、特に最近では、日本を狙ったサイバー犯罪が多くなってきています。今回は、海外から狙われる情報セキュリティについて、専門家にお聞きします。

国際社会の平和と安定のために~海外における自衛隊活動のいま

公開日:平成26年(2014年)11月7日

今日の国際社会においては、どの国も自国の力のみでは国の平和と安定を確保することが難しくなってきています。そうした状況の中で、自衛隊が海外において積極的に国際平和協力活動に貢献していくことは、世界各国との信頼強化へつながる、非常に大きな意味を持っています。今回は、そうした国際社会の平和と安定に寄与する自衛隊の様々な活動についてご紹介します。

平成26年 国際協力60周年 世界と日本の未来のために 日本のODA

公開日:平成26年(2014年)8月21日

世界の人口約71億人中、開発途上国で暮らす人の数は約58億人。その中には、安全な水が得られない人々や、5歳まで生きられない子どもたちが数多くいます。途上国を支援するため、日本政府は、政府開発援助、「ODA」を開始し、2014年で60周年になります。今回は、開発途上国に対する日本の役割、途上国が抱えている問題と私たち日本人とのつながりなど、日本のODAについてご紹介します。