大雨や台風から命を守る 進化した気象警報&危険度分布

公開日:平成29年(2017年)3月23日
満足度:

近年、大雨や台風により、土砂災害や洪水災害、高潮災害といった命を奪われてしまうような気象災害が発生しています。このため、現在、政府の中央防災会議を中心に、関係省庁が一丸となって“大雨や台風による災害から命を守る”ための対策を進めています。こうした中、気象庁では、命を守るための防災気象情報の画期的な改善を計画しています。今回は、気象庁が平成29年の夏から公開を予定している、大雨や台風で災害発生の危険度の高まるタイミングやエリアに関する防災気象情報について紹介します。

冒頭     概要
2分頃    土砂災害・洪水災害等の起こりやすい場所
4分18秒頃 新たな防災気象情報
5分頃    進化した気象警報
8分20秒頃 ほぼ全ての河川の危険度分布が一目で分かる


この動画へのご意見、ご感想がありましたらご記入ください。(1,000文字以内)

この動画へのご意見、ご感想がありましたらご記入ください。(1,000文字以内)

動画名から探す