国家戦略特区の成果事例「iPS細胞から製造する試験用細胞等への血液使用の解禁」(京都府、東京都)

公開日:令和2年(2020年)1月17日
満足度:

国家戦略特区による規制緩和の成果事例をご紹介します。様々な病気の治療薬開発や、再生医療技術への応用が期待されるiPS細胞。従来、iPS細胞を確保するには、患者さんにとって負担の重い臓器から採取する必要があるなど、多大なコストがかかってしまう状況でした。そこで、特区では血液から採取されたiPS細胞を使って試験用細胞等を製造出来るようにしました。これにより、再生医療技術を活用した医薬品の研究開発等の強化に繋がります。


この動画へのご意見、ご感想がありましたらご記入ください。(1,000文字以内)

この動画へのご意見、ご感想がありましたらご記入ください。(1,000文字以内)

動画名から探す